事業案内

  1. トップ
  2. 事業案内
  3. 金型設計・工法提案

金型設計・工法提案

綿密な解析とトライが生み出す、「現場ですぐ使える」金型。

金型単体の設計はもちろん、お客様の新製品開発に伴う製品設計から製造解析、トライまで含めた工程設計を得意としています。素材への深い理解と、積極的に採り入れたシミュレーション技術から生み出される金型は、現場の即戦力としてリードタイム短縮に貢献します。

金型設計・試作フロー

金型設計・試作フロー

3DCAD/CAMによる製品設計

3DCAD/CAMによる製品設計

たとえば鍛造品の場合、お客様の製品設計図面をもとに、後工程で取り除く「鍛造取りしろ」を考慮した製品設計を行います。

成形解析(加工・成形シミュレーション)

コンピュータ内での「仮想プレス」による成形シミュレーションを行い、要求を満たす製品ができるための金型形状や加工条件を解析します。クランクシャフトやヘリカルギア、ベベルギアなどの運動や、ギアの歯当たりシミュレーションも可能です。

成形解析の動画を見る

ベベルギアの動画を見る

クランクシャフトの動画を見る

サムネイルの画像か、「動画を見る」とクリックして頂くと、動画がご覧いただけます。

解析結果に基づく金型設計

成形解析の結果に基づいて、金型を設計します。金型素材の選定も、加工シミュレーションによって、金型に付加される熱や圧力を解析した結果をもとに行います。

研究開発用5軸プレス機によるトライ

研究開発用5軸プレス機によるトライ

業界に先がけて鍛圧機械メーカーと共同開発した5軸プレス機により、冷間鍛造金型の試打(トライ)が可能です。バリの出ない閉塞鍛造や粉末成形、ワンショット成形など、コストダウンや環境負荷低減につながる製法開発に貢献。試打の際に収集した加工条件データは量産時にも利用でき、リードタイムを短縮します。

デジタイザによる「リバースエンジニアリング」

デジタイザによる「リバースエンジニアリング」

3次元測定器によって、形状を測定・復元するリバースエンジニアリング。この技術を金型製作に応用し、すでに多くの実績があります。CAD化できない形状の複製や、図面レスの金型の再現が可能です。

ページの先頭へ戻る